マーフって何?

クロスフィットのワークアウトメニューで、
おそらく一番有名なものが「マーフ(MURPH)」と名付けられたヒーローWOD

毎年5月末メモリアルデー(アメリカの戦没将兵追悼記念日)に、世界中のクロスフィットボックスで「マーフ(MURPH)」が行われています。

クロスフィットをやっている人は
一度はやったことがあるんじゃないかと思います。

マーフ(MURPH)のワークアウトメニュー

そのワークアウトの内容はこちら。

マーフ(MURPH)

for time:
1 Mile Run (1.6km ラン)
100 Pull ups (100回 懸垂)
200 Push ups (200回 腕立て伏せ)
300 Squats (300回 スクワット)
1 Mile Run (1.6km ラン)

Rx’dでは 男性20-lb(9kg) / 女性14-lb(6kg) のウエイトベストを着て全てのワークアウトをします。

内容は有酸素運動自重トレーニングのみの、シンプルな内容だけど、ものすごく辛い。
普通の人で1時間前後、早い人だと30分前後で、このワークアウトを完走します。

もちろん、ウエイトベストなしにしたり
懸垂などできないメニューがあれば、
自分のできるレベルへスケールダウンして
無理のない範囲でワークアウトをしてください。

場合によっては
100回-200回-300回と各メニューをするのは精神的にも辛いので
10回-20回-30回10ラウンドとかに分けてやったりもします。

色々な形にスケールダウンは可能ですが
体力や精神力に自信のある方は、ぜひRx’dで挑戦してみると良いと思います。

名前の由来

ネイビーシールズの「マーフィー」さんの名前から「マーフ」と名付けられたそうです。

マイケル・マーフィー(29歳)

2005年6月28日、アフガニスタンで戦死した海軍中尉。
このトレーニングはお気に入りの一つで、彼はそれを「ボディアーマー」と名付けていました。
毎朝このワークアウトをこなしていたようです。

映画「ローン・サバイバー(Lone Survivor)」では、アフガニスタンでのネイビー・シールズの4人の活躍が描かれていて、
そのメンバーの1人マーフィーさんが、このトレーニングをしているシーンも出てきます。

CrossFitのWODとは

WOD」とは「WORKOUT OF THE DAY」の略で
直訳すると「今日のワークアウト」「日替わりトレーニング」の意味です。
CrossFitのクラスでメインとして行われる10分〜30分前後のワークアウトになります。
WODの内容は各ボックスのコーチが作成しているので、ボックスにより特色があるかと思います。

その中に人の名前がつけられた、「ガールズWOD」や「ヒーローWOD」があり、「マーフ(MURPH)」はヒーローWODのひとつです。

余談ですが、下記の3つガールズWODは CrossFit Games のベンチマークとしても使用されていますので、一度はやってみてスコアを記録しておくと良いでしょう。

フラン(Fran)

21-15-9 for time:
Thrusters [95-lb]
Pull-ups

グレイス(Grace)

for time:
30 Clean and jerks [135-lb/95-lb]

ヘレン(Helen)

3 Round for time:
400m Run
21 KB swings [24kg/16kg]
12 pull-ups

日本の各ボックスでも5月末の週末イベントとして
マーフ(MURPH)が行われると思うので、ぜひ参加してみてください。

2021年 日本のクロスフィットボックス一覧

クロスフィットにおすすめのシューズ

3.2.1.Go!!!